新型コロナウイルスワクチンの接種を受けられた方も増えてきています。
ワクチン接種できちんと抗体を獲得できているか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
mRNAワクチンは、ウイルスの表面に存在し感染の成立に重要な役割を果たスパイクタンパク質(S)に対する抗体を誘導することで、COVID-19の発症予防効果を発揮します。
スパイクタンパク質(S)に対する抗体は、新型コロナウイルスへの既感染およびワクチン接種後の抗体獲得を示す良い指標であり、ウイルスとヒト細胞との結合を阻害する中和抗体としての活性を有すると考えられています。

新型コロナスパイクタンパク抗体検査をおすすめする方

  • 過去に新型コロナに感染したかどうか不明で、ワクチンを接種すべきかどうか迷っている方。
    ※過去に新型コロナにかかっていても、WHO等ではワクチン接種が推奨されています。
  • ワクチン接種後に副反応がなく、本当にワクチンが効いているのか心配な方。
  • 1回目のワクチンで副反応が強く、2回目が打てるか心配。もう抗体がついているのか確認したい方。
    ※ワクチンは2回の接種が推奨されています。
  • ワクチン接種前や接種後に自分の抗体価を確認したい方。
【時期】
  • (1)過去の感染が気になる方:症状が出てから14日以後
  • (2)ワクチン接種後:2回目の接種を終えて約1か月or調べたいタイミング
    ※ワクチン接種前、1回目の接種後、2回目の接種を終えて長期のタイミングなど個々人の関心に合わせて繰り返しの検査も可能です
【検査方法】
  • 採血(1~2mL)
【予約】
  • 不要。診察時間内にご来院ください。
【検査費用】
  • 本検査は保険適応のない自費検査です。
  • 検査費用:7,700円(税込)
  • 採血手技料・判断料:1,100円(税込)
【所要日数】
  • 2~4日。結果報告のため来院していただきます。
    ※結果によって「感染しにくいか否か」「ワクチン接種が不要かどうか」はお答えできません。
    ※証明書や診断書の発行は致しておりませんので予めご了承ください。

参考資料もご覧ください

参考資料01 参考資料02