西宮・甲子園口『ゆぐちクリニック』かぜ症状、発熱等の一般内科、腹痛、胸やけ、便秘、下痢等の消化器症状、胃カメラ、大腸カメラ、大腸ポリープ切除に対応します。妊婦健診、子宮がん検診等は女性医師が対応し、女性特有のお悩みやの症状の軽減・解消のお手伝いをいたします。

大腸がん

大腸がんについて

大腸がんについて大腸がんとは大腸の一番内側にある粘膜に発生するがんです。
良性のポリープが大きくなる過程でがん化して発生するものと、粘膜の正常な細胞が直接がん細胞に変化して発生するものがあります。日本人では70%がS状結腸と直腸に発生することが知られています。
大腸がんはがん罹患数において、男性は前立腺がん、胃がんに次いで3番目に多く、女性は乳がんに次いで2番目多く、総数では一番多いがんであり、日本人にとっては身近ながんの1つです。
高齢化と食生活の欧米化などが影響していると言われており、年々罹患数が増加しております。

大腸がんの症状

大腸がんの症状早期の大腸がんでは自覚症状が殆ど無く、がんが進行し大きくなることで血便、便秘、下痢などの便通異常、腹痛、体重減少、便が細くなるなど、それらの症状が現れます。
どの部位でもがんが大きくなると、通過障害による腹痛、腸閉塞が起こりますが、がんの発生する場所によって症状も異なります。

盲腸、上行結腸、横行結腸など ※結腸の右半分

肛門から遠い盲腸、上行結腸、横行結腸などは便も液状であり、便通異常を自覚することが少ない部位です。
他部位よりも便の排出までの時間を多く要するため、血便を自覚することが少ない傾向があります。
がんが大きくなることで腹部のしこりや出血による貧血がおこり、倦怠感や体重減少が出始めて気づくこともあります。

下行結腸、S状結腸など ※結腸の左半分

便が有形になってくる部位です。がんが大きくなることで腸管の内腔(腸の内側の空間)が狭くなり、便が通過しにくくなります。そのため便秘や間欠的な下痢などの便通異常がみられることがあります。
がんがさらに大きくなると、食べ物の通過が困難となり、腹痛や腸閉塞などの症状が現れる場合もあります。

直腸がん

直腸は肛門に近い部位です。血便で発見されることが多い部位のがんです。
出血は便に血液が付着して発見されることが多く、比較的鮮血に近い状態です。鮮血だけが排出される場合もあり痔出血との鑑別が難しいこともあります。
がんが大きくなることで直腸の内腔が狭くなり、便の狭細化や残便感などの症状が見られることもあります。

検査・治療について

大腸がん検診で便に血液が混じっているかを調べる便潜血検査を行います。
便潜血検査で『陽性』だった場合や、大腸がんを疑う症状がある場合に大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)を行います。
その結果、大腸がんを疑う病変が見つかった場合は病変の一部を採取し、病理検査でがんかどうかを確認します。
がんと診断した場合でも早期のものは内視鏡治療で治癒が期待できます。入院治療や手術などが必要と判断した場合には提携医療機関に紹介させていただきます。

大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)のご案内

昨今の大腸がん治療について

大腸がんは早期発見することで治癒する確率が高い病気です。
40歳以上の方は毎年、大腸がん検診を受けることお奨めいたします。
大腸がんを早期に発見するために、また大腸ポリープの段階で発見し治療するために、定期的な大腸カメラ検査を推奨いたします。
当クリニックは専門医資格を所持している院長(日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医/日本消化器病学会 専門医)自ら検査をいたします。
ご希望の方は鎮静剤を用いた苦痛の少ない検査も可能です。

クリニック情報Clinic Information

〒663-8101 兵庫県西宮市松山町13-25-204
甲子園口グリーンプレイス内

お気軽にお問い合わせください

TEL.0798-67-3400

アクセス

JR線「甲子園口」駅より 徒歩約11分
阪急線「西宮北口」駅より 徒歩約19分
阪急バス「松山町」停留所からすぐ
● JR線「甲子園口」駅より
阪急バス西宮市内線36(甲東園-JR甲子園口)・甲東園行に乗車
● 阪急線「西宮北口」駅より
阪急バス西宮市内線50・39・西宮北口行に乗車
入居施設の駐車場を無料ご利用可能です(60分まで)

診療時間

内科消化器内科内視鏡内科
診療時間
午前診
 9:00~12:00
内視鏡等の検査
13:00~16:00
午後診
16:00~19:00

★…12:30まで ☆…15:00まで

休診日日曜、祝日

婦人科産科女性内科
診療時間
 9:00~12:30

休診日水曜、金曜、土曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2021 ゆぐちクリニック All Rights Reserved.