西宮・甲子園口『ゆぐちクリニック』かぜ症状、発熱等の一般内科、腹痛、胸やけ、便秘、下痢等の消化器症状、胃カメラ、大腸カメラ、大腸ポリープ切除に対応します。妊婦健診、子宮がん検診等は女性医師が対応し、女性特有のお悩みやの症状の軽減・解消のお手伝いをいたします。

大腸ポリープ治療

大腸ポリープについて

大腸ポリープについて大腸は粘膜、粘膜下層、筋層、漿膜下層、漿膜という5層構造になっています。
ポリープはその一番内側の粘膜にできます。
大腸ポリープは『腫瘍性ポリープ』と『非腫瘍性ポリープ』に大きく分けられ、『腫瘍性ポリープ』は『悪性腫瘍(がん)』と『良性腫瘍』に分けられます。
『非腫瘍性ポリープ』は過形成性や炎症性などさまざまな種類がありますが、大腸がんになる可能性が高いのは『腫瘍性ポリープ』です。
『腫瘍性ポリープ』は最初からがんとして発生するものもありますが、多くの場合『良性腫瘍』の腺腫が悪性化してがんになります。
このため、早い段階で大腸ポリープを切除することが将来の大腸がん予防になるのです。

大腸ポリープの症状

腹痛、下痢、腹部の張り、便が出にくいなどの自覚症状が出ることがありますが、多くの場合、ポリープが大きくなるまでほとんど自覚症状を感じられない病気です。
大腸ポリープがある程度大きくなるにつれ、便が通過する際に擦れて出血を起こす(便潜血反応が陽性となる)ことがありますが、血便が出る(赤い便が出る)ことは稀です。
多くのポリープは1cm以下の小さいポリープですが、そのような小さいポリープでは自覚症状もなく、便潜血反応でもひっかからないことが多いということを認識しておくことが重要です。

検査・治療について

男女ともに40歳代から大腸がんにかかる確率が上がります。40歳を過ぎた方は定期的な検査を推奨いたします。
大腸ポリープが疑われる場合、便潜血反応が陽性の場合は、大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)を行います。
大腸ポリープが見つかった場合は、大腸カメラ検査と同時に大腸ポリープ切除も行います。

大腸ポリープを切除することが将来の大腸がん予防になります。

上述の通り、大腸がんはポリープから発生することが多いため、早い段階で切除することが将来の大腸がん予防になります。
日本国内の場合、大腸がんは罹患者数、がんによる死亡者数で上位を占めています。
大腸がんのリスクは40歳を超えたあたりから上昇しはじめます。
40歳を過ぎたら、特に症状がない場合でも定期的な大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)を推奨いたします。
大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)を受けることで、大腸がんの早期発見に役立ちます。

大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)のご案内
日本のがん統計

クリニック情報Clinic Information

〒663-8101 兵庫県西宮市松山町13-25-204
甲子園口グリーンプレイス内

お気軽にお問い合わせください

TEL.0798-67-3400

アクセス

JR線「甲子園口」駅より 徒歩約11分
阪急線「西宮北口」駅より 徒歩約19分
阪急バス「松山町」停留所からすぐ
● JR線「甲子園口」駅より
阪急バス西宮市内線36(甲東園-JR甲子園口)・甲東園行に乗車
● 阪急線「西宮北口」駅より
阪急バス西宮市内線50・39・西宮北口行に乗車
入居施設の駐車場を無料ご利用可能です(60分まで)

診療時間

内科消化器内科内視鏡内科
診療時間
早朝胃カメラ
 8:50~ 9:30
午前診
 9:00~12:00
内視鏡等の検査
13:00~16:00
午後診
16:00~19:00

★…12:30まで ☆…15:00まで

休診日日曜、祝日

婦人科産科女性内科
診療時間
 9:00~12:30

休診日水曜、金曜、土曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2021 ゆぐちクリニック All Rights Reserved.