西宮・甲子園口『ゆぐちクリニック』かぜ症状、発熱等の一般内科、腹痛、胸やけ、便秘、下痢等の消化器症状、胃カメラ、大腸カメラ、大腸ポリープ切除に対応します。妊婦健診、子宮がん検診等は女性医師が対応し、女性特有のお悩みやの症状の軽減・解消のお手伝いをいたします。

子宮がん検診

『子宮がん検診』について

『子宮がん検診』について

『ゆぐちクリニック』は、『子宮がん検診』に対応しています。
『子宮がん』は子宮にできるがんの総称で、『子宮頸がん』、『子宮体がん』の検診を各々行っています。
西宮市が実施している子宮がん検診で、検診料が免除される対象の方もおりますので、詳しくは市の公式ホームページをご覧ください。
西宮市の「けんしん」のご案内

『子宮頸がん』について

子宮頸がん主に子宮頸部に発生するがんを『子宮頸がん』と言います。
子宮頸部は、子宮腔と膣を繋ぐ部分のことで、上部を膣上部、下部を子宮膣部と呼び、子宮頸部内腔は子宮頸管と言います。
『子宮頸がん』は子宮入口付近に発生しやすく、観察、検査が容易であり、発見しやすいがんと言われています。

性交渉により感染するとされるヒトパピローマウイルス(HPV)が発がんに関係していると言われいます。
多くの場合、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していても無症状の間にヒトパピローマウイルス(HPV)が排除されます。
ヒトパピローマウイルス(HPV)が排除されずに感染が持続すると、『子宮頸がん』の前がん病変や『子宮頸がん』が発生すると考えられています。

『子宮頸がん』検査内容

問診
  • ・初潮時年齢、妊娠・出産経験有無、月経の状況、自覚症状の有無などについてお聞きします。
内診
  • ・腟鏡を用いて子宮頸部の状態を観察します。
細胞診
  • ・子宮頸部の細胞を採取しがんの有無を検査し、後日再診時に結果をお伝えします。

『子宮体がん』について

子宮体がん子宮体がんは、子宮内膜から発生するため『子宮内膜がん』とも呼ばれています。女性ホルモン(エストロゲン)が発がんに関係していると言われています。
月経のある女性は『子宮体がん』にはなりにくいと考えられており、閉経後の女性は注意が必要です。
更年期障害治療でホルモン補充療法を行う場合、注意が必要となりますので、必ず医師にご相談ください。
閉経後に不正出血がある方は、検査をおすすめします。

『子宮体がん』検査内容

子宮内膜細胞診
  • ・子宮内部に細い棒状の器具を直接挿入し、細胞を採取します。
  • ・子宮内に器具を挿入することが難しい場合は、超音波検査で診断することもあります。

子宮がん検診の料金について(消費税別)

初診料 0円
子宮頸がん検診(内診・細胞診・超音波検査含む) 4,500円
子宮体がん検診(内診・細胞診・超音波検査含む) 6,500円
オプション 腫瘍マーカー 3項目 3,500円
西宮市子宮頸がん検診
  • ・自己負担額 1,400円(※こちらは消費税込の料金です)

クリニック情報Clinic Information

〒663-8101 兵庫県西宮市松山町13-25-204
甲子園口グリーンプレイス内

お気軽にお問い合わせください

TEL.0798-67-3400

アクセス

JR線「甲子園口」駅より 徒歩約11分
阪急線「西宮北口」駅より 徒歩約19分
阪急バス「松山町」停留所からすぐ
● JR線「甲子園口」駅より
阪急バス西宮市内線36(甲東園-JR甲子園口)・甲東園行に乗車
● 阪急線「西宮北口」駅より
阪急バス西宮市内線50・39・西宮北口行に乗車
入居施設の駐車場を無料ご利用可能です(60分まで)

診療時間

内科消化器内科内視鏡内科
診療時間
早朝胃カメラ
 8:50~ 9:30
午前診
 9:00~12:00
内視鏡等の検査
13:00~16:00
午後診
16:00~19:00

★…12:30まで ☆…15:00まで

休診日日曜、祝日

婦人科産科女性内科
診療時間
 9:00~12:30

休診日水曜、金曜、土曜、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2020 ゆぐちクリニック All Rights Reserved.